上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリジェンヌってけっきょく何のこと?
そんな事を思いググってみた


パリを美しくする女性
パリジェンヌとは、一体なんだろうか。日本の女性誌ではよくその言葉が表紙を飾り、パリジェンヌと呼ばれる女性たちの生活やインタビューを(少し美化して)特集している。辞書の言葉どおりの意味で言えば「パリに住む女性」になるが、それ以上の何かがそこには隠されているように思える。パリを愛した随筆家 小門勝二によれば、パリジェンヌとは出身地などの地理的な区別はなく「パリを美しくする要素としての女性すべて」だという。「男に見出され、完全に理解され、そして成功と幸せをつかむ女」がパリジェンヌということになるらしい。分かったような分からないような定義だ。しかしそのような曖昧な答えのない美しさにこそパリジェンヌの魅力はある。パリを美しいと感じたとき、それはパリジェンヌの美しさでもあるのだろう。
(別記抽出)


だそうです
でもなんかフランス人はあんまタイプじゃないや

あっそういえばここパリでは人生初のマカロンに挑戦しました
P1316410_convert_20130210170114.jpg

うーん、美味しいのかよくわかんなかった
とりあえず甘かったー
チョコのやつはビターで美味しかった


5日目
午前中は少し散歩したり部屋に帰ってバゲット食べたりしてゆーっくり過ごした

目的のパン屋さんに行く途中にあったパン屋さん
P1285923_convert_20130210183935.jpg

クロワッサンゲットー
P1285928_convert_20130210184412.jpg

目的のパン屋さん
『デルモンテル(DELMONTEL)』
P1285929_convert_20130210190141.jpg

2007年のバゲットコンクールで優勝したらしい
バゲットを手に入れたぜー
ここのが1番美味しかった
パリパリの皮の中身はふわふわ
P1285945_convert_20130210185436.jpg

これを持ち帰ってフランス風な朝ご飯♪
P1285938_convert_20130210185817.jpg


〜訪問地〜
『ルーヴル美術館』
P1285990_convert_20130211044815.jpg

パリに来たらエッフェル塔、凱旋門と続いて鉄板ですね
お昼過ぎ、13時頃に入場して閉館の18時までいても全部は見きれないほど広かった
35000点近くの作品が展示されてるらしい
ちなみに元々はルーヴル宮殿として建設された要塞らしい

ピラミッドの部分から中に入るとかなりモダンな造りだった

このエレベーターも斬新で面白かった
P1286008_convert_20130211045301.jpg

P1286010_convert_20130211045756.jpg

ここに来て何より驚いた事はルーヴルの貸し出し音声ガイドは任天堂3DSを利用している事
日本のゲームの力、恐るべし
P1286002_convert_20130211050211.jpg

P1286013_convert_20130211050519.jpg

チンコ見てる
P1286012_convert_20130211051026.jpg

"ミロのヴィーナス"
P1286088_convert_20130211053129.jpg

中学校か高校の国語の教科書でこの像に関する事を読んだ覚えがある
この失われた左腕の先には恋人がいたのでは、りんごをもっていたのではと考えるとわくわくする

群がる観光客
中国人が前に出て来て写真撮りまくってた
P1286081_convert_20130211052808.jpg

エジプト関連の展示もある
P1286115_convert_20130211054106.jpg

"ミイラ"
P1286127_convert_20130211054855.jpg

"サモトラケのニケ"
ギリシャで発見された勝利の女神像
P1286159_convert_20130211060353.jpg

やっぱこれですよねー、"モナリザ"
めっちゃ人がたかってた
P1286184_convert_20130211062826.jpg

"ガブリエル・デストレとその妹"
なんで乳首つまんどるの??
IMG_1599_convert_20130211063610.jpg


ヨーロッパは宗教画や歴史画が多いからもっと知識入れないと難しかった!
もう少し大人になってからならもっと楽しめそう
とかいいつつも5時間近くかけて回るほど充分楽しんでるんだけど


〜食事〜
老舗カフェ『カフェ・ドゥ・レポック』
P1296210_convert_20130210190744.jpg

"クロック・マダム"
P1296212_convert_20130210171513.jpg

フランスのトーストを使った軽食
ハムとチーズを挟んだパンをバターを塗ったフライパンで焼き上げたもの
目玉焼きなしだと"クロック・ムッシュー"というらしい
軽食とはいってもボリューム満点

『la marquise』
シャロットが仕事終えるタイミングに合わせて、シャロットとイザベルとビールとワインを飲み行きました
P1286209_convert_20130210193228.jpg

『ヒグマ』
日本食レストラン
メニューも内装も日本風中華料理屋って感じだった
スタッフも中国人が多かったし
地元の外国人で凄く賑わっていて、混んでる時は1時間近く待つらしい

"ニラレバ定食 8€"
IMG_1617_convert_20130210192236.jpg

旅に出てからずっとこれが食べたかった
めちゃくちゃ美味かった


6日目
街を歩いていると至る所にレンタル自転車が置いてある
スタンドもたくさんあって、登録している人がみんな街中で自由に使い回せるようになってるんだって
日本にもこのシステム欲しい♪
P1316403_convert_20130210180816.jpg


〜訪問地〜
『オルセー美術館』
P1296240_convert_20130211070256.jpg

ルーヴルとは違ってこっちは近代美術、特に19世紀後半の作品が多く置いてあった
個人的にはルーヴルよりもこちらの方が楽しめた
ゴッホやモネ、ルノワールの名画が展示されていた

こちらに展示されている作品は撮影禁止だった

館内のカフェもおしゃれ
P1296254_convert_20130211071426.jpg

〜食事〜
『シェ・パパ(CHEZ PAPA)』
IMG_1806_convert_20130211075110.jpg

今日は最終日なのでシャロットとイザベルとご飯食べに行った
オススメのレストランに連れて行ってもらった
どのメニューもボリューム満点の割に値段も高くなく、僕もお勧めします
ソーセージとポテト
P2016512_convert_20130210173020.jpg

鴨の肉と野菜がいっぱい入っているやつ(シャロットオーダー)
P2016513_convert_20130210175023.jpg

これもそんな感じ(イザベルオーダー)
P2016514_convert_20130210175922.jpg

デザートのホットチョコレートアイスも凄かった...
P2016516_convert_20130210180324.jpg

なにより最後にみんなで写真撮るの忘れたことにショック
凄く楽しい時間を過ごした


この後はフランスから陸路でゆっくり下る予定でした
ただ、贅沢な事に少しヨーロッパの雰囲気に飽きてしまったため目的地を変更!!

いざ、北アフリカへ

メルシー(ありがとう)
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://u0809938.blog.fc2.com/tb.php/42-c470a6e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。