FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホストファミリーの紹介で”Requiem for a Dream”を見た。こんなにもヘビーな映画を見たのは久しぶりです。
テーマとしては、麻薬にはまっていく人々の行く末を描いた作品。
ダイエットのために麻薬を飲み始める女性、金を稼ぐためヘロインの密売を始めるが次第に自分たち自身がその虜になって行ってしまう二人の若者、恋人の影響で麻薬を使用し始めたところ次第にそれに溺れてしまい、それを手に入れるため売春に走ってしまう女性。正直言ってストーリーが素晴らしいというわけではありません。しかし麻薬に関してこんなにもリアルを追求した映画があるのかという感じでした。麻薬の依存性、健康への害、幻覚など、登場人物たちの徐々に麻薬に引きずり込まれて行く様は非常に痛々しいものでした。
夢や目標も少しの気のゆるみや楽をしようという感情により簡単に消え去ってしまうかもしれないということを伝えたかったのだと僕なりの解釈をしました。
個人的には作中に使われてる音楽がけっこう好きでした。


監督はダーレン・アロノフスキー。ブラックスワンで有名ですね。彼の作品で”π”というのが有ります。全く種類は違う作品ですがこちらもぜひ観てください。そういえば彼の作品”ザ・レスラー”はこっちに来る前に最後に日本で観た映画でした。ミッキー・ルークがめちゃ格好良いんです。最後のシーンが脳裏に残っています。男の生き方を描いた描いた作品です。これもお勧めします。
映像の取り方だけでなくその編集の仕方や表現が素晴らしくて、今回の作品でも薬物にはまって行く登場人物の変化を激しい場面チェンジなどで見事に表現されていたと思う。


映画が終わった後は暗い気持ちになることは間違い有りません。しかし凄く言葉に表しようの無い衝撃を受けた作品であることに間違いは有りません。ぜひ一度試してください。
絶対に暗くなるのでその後で、リフレッシュできる明るい映画を一本用意しておくことを忘れずに。


Have fan!!
Bye-Bye
スポンサーサイト
”プラダを着た悪魔”を観た。リスニングに関して、正直職場でのシーンで会話が早いことと専門用語がわからなかったことで理解できなかった部分は多かったが、ストーリーには支障無く観ることができた。

主演のアン・ハサウェイはどこかで観たことあると思ったら“Alice in Wonderland”で白の城王を演じていたのはこの人だったということが判明した。“The Princess Diaries" (2001年)とかいう映画でデビューし人気が出たらしいが知らんかった。この作品の彼女ははまり役だったように感じる。またミランダ役のメリル・ストリープは過去にアカデミー主演女優賞、助演女優賞を受賞している実力派。さすがそういった経歴があるだけあって彼女の演技力は抜群だった。

数々の寄り選られた衣装に注目して観るのもひとつの楽しみ方だ。自分がもし女だったらこれはファッション誌やファッションショーを観ているようで虜になりそうだ。ひとつひとつの場面が変わるごとに衣装が次々と換わり、楽しませてくれた。ファッションに詳しいわけではないのだが、おしゃれな気分で観ていられる映画だ。

原作はベストセラーとなった同題名の小説”プラダを着た悪魔”
ボストンの大学を卒業したアンディがジャーナリストを志望して人気ファッション誌『RUN WAY』の出版社に就職する。しかしそこでの仕事は編集どころか出版に関わる仕事とはほど遠く、悪魔の上司ミランダの第2秘書として召使いのように扱われる。ストーリーは働く女性のサクセスストーリーで、主人公が努力して徐々に力をつけていく定番のストーリー構成だが、働く女性は特に自分の仕事と重ね合わせて観るのではないだろうか。社会に出ると自分が本当にやりたいことをできる人はほんの一握り。絶対にNoといってはいけない鬼上司の基でせかせかと日々を送らないとならないかもしれない。それでも諦めずに努力することがチャンスをもたらすこともある。そして自分や恋人を犠牲にしてハードワークの仕事に就くのか、自分にとって大切なのが何なのか。仕事に自分が求めるものが何であるのか自分できちんと理解して働いている人はいったいどれくらいいるのだろうか。
これから就職活動をしなければならない自分にはこういった仕事という面で色々と考えさせられる映画だった。

ジョニーデップ(ジャックスパロウ役)が相変わらずとんでもんなくかっこいい!!彼の演技力にはいつも驚かされる。どんなキャラクターを演じても自分の色を上手く生かす彼のスタイルに惚れてまう。ジャックの昔の恋人?であったらしき女海賊アンジェリカ役のペネロペ・クルスもほんと魅力的だった。後々調べてみると”バニラスカイ”に出ていたのはこの女優だったことを知り驚きとともに納得。“恋するバルセロナ”アカデミー賞助演女優賞を受賞しているマドリッド出身の実力派。顔もスタイルも演技もよくってなんてこった。個人的にはスペインらしい目つきの色っぽさがタイプ。ただし、今回はバルボッサ役のジェフリー・ラッシュがなかなか良い役を演じていた!!ジャックとバルボッサが捕まった時に酒を飲みかわすシーンはおもしろかったし興奮した☆今後の作品でのジャックとバルボッサの絡みが楽しみだ♪


最近だいぶリスニングができるようになってきたと思っていたのだが、だいぶ苦戦した。自信を完全に打ち崩されるくらいに...
英語字幕付きでもう一回みたいなー。DVD出るまで待てないぞ。

ある島に隠された生命の泉を目指すということで、今回はほぼ地上での戦いだったかなと。人魚の登場シーンやⅠ人の捕まってしまった人魚との駆け引きなどは個人的に良かった。
今までの作品と比べると、アクションや演出が単調だったような印象があるが、ストーリーとしてしっかり完結していたのでまあよしとしよう♪
時代背景が17世紀のヨーロッパということで、このシリーズ映画は東インド会社との関わりがあったり、スペインとイギリスの関係などがみられる。どの映画を見るときにもいえることだが、歴史を知ることでもっと楽しめるだろうなと感じる。

世界史。。。勉強します!!

ではまた。


2011.05.22 "Thor"
"Thor"を見てきた。韓国人の2人と一緒に♪

主演のクリス・へムズワース(ソー役)の鍛えられあげた筋肉に感動しつつ楽しく見れる作品だった。ヒロインのナタリー・ポートマン(ジェーン役)は相変わらず可愛かった。というよりは以前より大人の魅力に磨きがかけられたようにみえた。”Star wars”シリーズのエピソードⅠの頃から魅力的だったのを覚えている。なんといっても驚いたのはソーの頼れる仲間の1人として浅野忠信(ホーガン役)が出ているじゃないですか!3〜4年前になんかの映画でチンギス・ハーン役を演じていたときにモンゴル語を話していたのを覚えてるけど何カ国語話せるんだこの人??

ストーリーは“スパイダーマン”などのマーベルコミックで人気のヒーロー物語らしい♪
“神の世界では最強の戦士といわれていたものの、横暴でごう慢な性格が災いとなり、地球へ追放されてしまったソー(クリス・ヘムズワース)。神の世界での力を失ってしまったソーに凶悪な敵たちが次々と襲い掛かり、ソーは地球でも戦いの日々を送ることに……。(映画紹介文引用)”
アメリカの神話が基になっているらしい。地球と別世界をつなげて繰り広げられる壮大なSF映画だった。

バイオレンスな部分が多いのかと思いきや、血が出るようなグロテスクになりそうなシーンはうまく編集されていて子供から大人までが楽しく見れるように作られていた。CGがめっちゃしっかりしていて、さすがハリウッド凝ってるなーって感じでした。アクションのダイナミックさ、爽快さ、映像のクオリティの高さに驚きつつ、時折みられるアメリカのヒーロー映画(スーパーマンみたいなイメージ)らしさが非常に面白かった。格闘シーンの豪快さやワイヤーアクションにとても興奮した。
大人から子供まで楽しんで見れるだろうという映画でした。

ではまた!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。